ipad学習アプリに期待できること

小学校から帰宅したら配られたプリントを黙々とやり遂げ、復習と予習も欠かせない。復習や予習で出てきた疑問点やわからないポイントを先生に確認して解決できる、そんな子供が欲しかったです。夢ですね。現実は、

親が何を言っても嫌々やる、何も言われなければ遊びに夢中、プリントで時間がなくなり、復習や予習までにたどり着けません。iPadの学習アプリは夢にちょっとだけ近づいてくれる希望を与えてくれます。学習アプリには、ゲーム要素があったりするので、ゲームをやるために学習アプリを立ち上げ勉強を進めてくれます。身についているのかどうかはわかりません。帰宅して机に向かって黙々とやる姿、これだけで満足です。小学生の頃は古いiPadでも十分活用できます。小さいうちは筆圧が強めなので、指や安い電子ペンで十分です。徐々に慣れてきたら手書きに近い感覚で入力できるApple PencilとiPad Proが最強です。ノートして学校へ持ち込ませたいぐらいですが、学校によっては電子機器の持ち込みを制限していることもあるので先生に相談してください。集団生活の場は予測不可能なリスクがあります。リスクを考えると学校で一律支給してくれることを望んだり、乱暴に扱っても壊れないiPadが欲しくなってきます。無い物ねだりです。
学習アプリはAppストアから有料・無料どちらも入手することができます。幼児向け、小学生向け、中学生・高校生向け年代に合わせて学習アプリがあります。ゲーム要素が多いのは、幼児向け、小学生向けです。計算系の算数アプリ、漢字ドリルが多めです。ある部分に特化したアプリが多いです。DNAの提供しているアプリゼミは子供の食いつきも良く、さらに国語、算数、英語も勉強できるのでオススメです。(小学1年向けです)苦手な算数の文章問題を勉強させたい、図形問題の解き方を学ばせたい、国語の文章問題のコツをつかませてあげたいの要望を叶えてくるアプリは見つけれていません。小学3年、4年ごろから勉強についていけなくなる子供が多くなります。スタディサプリ123