乳酸菌とビフィズス菌

腸の調子をよくする、乳酸菌とビフィズス菌ってありますよね。

どっちがどういいのか悪いのか、どうなんでしょうか??

乳酸菌は基本自然界一般に生息している細菌です。

ヒトや動物の腸の中にも存在しますが、自然界の土壌の中などにも生息しています。

対してビフィズス菌は、主として人や動物の腸内に生息していて、あまり外界に生息しているという訳ではありません。

また代謝の産物としては、乳酸菌は乳酸を作り出し、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を生み出す力があります。

ヒトの腸内の生息数としては、乳酸菌はビフィズス菌の1/100以下しか生息していません。

圧倒的にビフィズス菌の数の方が多いんです。

だから人のおなかにどっちが適しているかというと、やっぱりビフィズス菌の方に軍配は上がりますね。

同じヨーグルトを整腸効果を期待して食べるとすると、乳酸菌のものに加えてビフィズス菌が入ったものを選んだ方が効果は出やすいです。

乳酸菌でも整腸効果はありますけど、もっと効率的にしたいのならやっぱりビフィズス菌を摂った方がいいと思います。

 

発酵食品は整腸作用にとってもいいです。

OMXは生の発酵酵素サプリ。

3年以上丹念に作られた、生にこだわった生酵素サプリです。