私がスキンケアの大事さを悟った時

私はかなりずぼらな性格です。

スキンケア事態を手を抜いて朝化粧をしたり、夜帰ってきても疲れ切っていてメイクを落とさずそのまま寝てしまうということは日常茶飯事です。

そんな私がスキンケアを怠って、つもりにつもったものが一気にふき出した苦い経験があります。

上でも書いた通りに、スキンケアもろくにしてこなかった時代がありました。

適当に洗顔して化粧水や乳液をつけずにそのまま化粧に移行していました。

今思えば肌にとても可哀想なことをしたと思っています。

その悪い症状が顕著に出たのは夏と冬でした。

夏はオイリー肌になって冬はカッサカサの乾燥肌になるんですが、特に怠っていたのはUVケアと保湿でした。

夏に入って外に出ることが多くなったこの時期は、私も外にでて遊びに行っていました。

どうせ塗っても日焼けはしてしまうという認識で、夏の期間に日焼け止めを塗ったのはごくわずかでした。

しかし、夏が過ぎてしばらくしてから、顔にシミができるようになりました。

元々色白だった私はそのシミが目立ってしまい、とても恥ずかしくなったのは覚えています。

冬になっても私はスキンケアを適当に行っていました。

夏にあれだけ油がでるならこの先も大丈夫だと思い込んでいましたが、現実はそうはうまくいきませんでした。

冬になってすぐに肌がカサカサしてかゆくなってしまいました。

気が付いたら化粧では隠せなくなってしまうほど肌がボロボロになってしまっている自分がいました。

自業自得とはいえ、とても悲しくなりました。

そんな肌を治したいと思った私は、ついにスキンケアを真面目に取り組み始めました。

まずはしっかりと化粧水をつけるところから始めました。

それをつける際にも素手ではなくてコットンを使用すると肌に浸透していることを肌で感じました。

肌の調子によっては、使用する化粧品を変えて使ってみたりとそのあと乳液を薄く必要なところだけ塗り、塗りが多かった部分にはティッシュをあてて余分な分をとったり、日焼け止めも同じように塗っていきました。

それを何日間か続けてみると、それだけで肌の質感がいつもよりモチッとした感触に代わりました。

その他にもUVケアをしておいたからか、シミやそばかすといったものができずに、少しずつ減少傾向になっています。

これは冬の乾燥対策にも使えると思った私は、そのままスキンケアを長く続けました。

すると、夏になっても冬になっても肌のトラブルは見受けられない状態になりました。

これらの体験から、私は日ごろのスキンケアがどれだけ大事かということを学びました。

中学生 鼻の黒ずみ