青汁は置き換えダイエットに最適

ダイエットのためには食事の回数にも注意しなくてはいけません。1食分、抜くことでダイエットをするという人もいますが、朝だけはきちんと食べた方がダイエットできるともいいます。

1食分、抜いて痩せたという人もいますが、空腹状態が続くとストレスが溜まり、その反動で大食いしやすくなります。カロリー摂取が長い時間、低くなると飢餓状態になった身体は代謝を減らしてエネルギーを節約します。結果的にカロリーを使わず、貯め込む体質になってしまうため、痩せにくい体質になってしまいます。

最近では、置き換えダイエットとして1日の内で夕食を青汁などで済ませる人もいるようですが、さすがに青汁だけで満腹感が出ないというひとは、青汁ともう一品だけ軽い食材をあわせるといいでしょう。

痩せるためにと、食事の回数を減らしてカロリー量を少なくすることは逆効果です。効果的に痩せる為には、食事の回数は朝、昼、夜と、きちんと3回食べるのが一番良いのです。1日3回の食事を、バランスよく腹8分目に食べれば十分に効果的なのです。

また、子どもの時から言われてることですが腹八分でも満腹感が出るように、食事はよく噛んで食べるようにしましょう。

十分に噛むことで、少量の食事でも満腹中枢を刺激し、空腹によるストレスを感じずに済むようになります。カロリーが高くなりそうな食事を控えることはもちろんです。野菜類など歯ごたえのあって低カロリーな食材を使い、食べすぎに注意してよく噛んで食べることで、食事での痩せる効果があるといいます。