肌が乾燥しないためのスキンケア方法

就寝前のスキンケアとして、乾燥しやすい口の周りに美容液やリップクリームをしっかりぬっています。寝てる間には乾燥しやすくなりますので、起床時に口元にシワが出きやすくなってしまいます。顔にぬる保湿クリームや保湿美容液も大事ですが、特に乾燥しやすい口元には重点的なケアも必要です。
リップをぬると朝起きた時には、ぷっくりとした唇ともちもちの肌になっています。朝顔がむくんでいるときや、乾燥していると思ったら「フェイスパック」がおすすめです。これをつかうと、別のことをしながらパックできます。数分間のパックでおわり、化粧のノリも違ってきます。オールインワンゲルを使うともっと時間が短縮できます。保湿もちゃんとしているので、忙しい日は重宝します。乾燥が気になるときは、しっかり美容液をつけおくといいです。朝の洗顔は基本的には、洗顔を使わないほうが良いです。あまり使いすぎると、皮脂の取り過ぎで乾燥してしまいます。油分が顔について気になる場合は、洗顔料を使って汚れを落とします。朝起きて目が腫れぼったかったり顔がむくんでいる時は、血液の循環が悪いということ。少しツボを刺激すると、血流をが良くなります。まぶたのむくみは、眉の下の骨のくぼみを刺激します。こめかみを優しく刺激することで、血流が良くなることもあります。目のクマは、ぽんぽんと軽く押して血流やリンパの流れを良くします。目頭の位置からこめかみに向かって、軽く押すとマッサージ効果が出ます。
カダソン コラージュフルフル