白髪染めって妊娠中でもできる?

白髪が気になる妊婦さん。 はたして、妊婦さんでも白髪染めは使えるんでしょうか?
胎児に影響があるのか気になるところですよね。

ここでは、胎児への危険性、母体への影響といったことをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

妊娠中の白髪染めで、胎児に影響を及ぼすことはほぼないといっていいでしょう。

白髪染めに使用されている染料を始めとする薬剤は、頭皮や毛髪に付着することはあっても、そこから体内へ吸収される危険性は極めて低いからです。
2カ月に1回ほどであれば、もし、たとえ吸収されても微量です。

胎児に影響を及ぼすほどの量ではないため、危険性はほとんどないと言えます。

とはいえ、多くのヘアサロンなどでは、妊婦さんの白髪染めをお断りしています。

市販の商品でも推奨されていません。

胎児には影響のリスクがない白髪染めですが、では母体への影響はどうでしょう?

妊娠中というのは、ホルモンバランスが不安定です。

精神的にも身体的にも外部からの刺激に弱い状態です。

そんな時に、刺激の強い染料や薬品が入った白髪染めをすると、健康面に何らかの影響がある可能性があります。

白髪染めの臭いによって気持ちが悪くなったり、吐き気を催すことがあるようです。

妊娠中というのはホルモンバランスが微妙で、皮膚も敏感になります。 白髪染めの薬剤に反応してしまうことがあります。

それでも白髪染めをしたいというのであれば、無添加で天然染料を使った白髪染めを選び、必ずパッチテストを行うようにしてください。

白髪染め 無添加 市販 通販