現在骨盤の幅が狭い女性が増え帝王切開するほうが増えてきている事について

ニュースで観たのですが、これはオーストリアの研究から出たみたいで現在女性の出産にあたって骨盤の幅が狭く帝王切開になるケースが多いそうです。
1960年からの調査では1000人に対して30件だったらしいのですが現在は36件程という事でした。
この数字からすると極端に増えたは言い難いですが今それだけ産道の狭いほうが多くなってきているのかもしれませんね。
ただ原因としてはそれだけではなく新生児にも進化があるそうでこちら以前に比べると大きく生まれる事も増えているのがあまりの原因のようです。
確かに芸能人の方を例にすると解りやすいですがよく出産発表をされた際赤ちゃんのグラムの方も公開されていると思います。
そちらの方を観ると3000以上と結構大きく生まれる赤ちゃんが凄く多いなと思う事が多々あります。
これもそういった事がもしかすると原因だったかもしれません。
今後もこのような事が続くという事でしたがそうなると出産する方々がもっと大変につながるかもしれません。
でもどうしてこのようになってしまったんでしょうかね、一つは人類の進化にも関わっているがこうなってしまうとこれからはもっとリスク的にも増えてくると言う事なのか解りませんが女性としては帝王切開だけは避けて通りたいところだのでなんとか良い方向に変わってくれると良いですね。
いちを研究の結果ではこういった傾向にあるみたいですがそれが決していつか帝王切開だけになると言う事にはならないとは言われていましたね。お客がLinuxサーバにログインしたらいつもやっているオーラクリスターゼロ