ネットワークカメラとは?

最近、防犯目的、別室の赤ちゃんの様子を見守る、留守中のペットを見守る、などの理由で、ネットワークカメラを利用する人が増えています。

ネットワークカメラとはいったい何なのでしょうか?

よく聞くWEBカメラとは違うのでしょうか?

 

ネットワークカメラは、ビデオカメラとコンピュータがひとつになった機器のことを指します。

カメラ自身にIPアドレスが内臓されているということが、たんなるビデオカメラとの違いです。

IPアドレスが内臓されているため、インターネットが利用できる環境にいるユーザは、離れた場所からでもカメラで撮影したペットのライブ映像を見たり、保存することができるのです。
それに対し、WEBカメラは単体では動作しません。

動かすためには、PCに接続する必要があるので、PCの近くにしか設置できません。

 

ネットワークカメラは、映像だけでなく、音声の入出力機能も備えています

例えば、監視中にペットになにか動きがあったことを検知したり、遠隔からペットに対して音声を発したり、カメラに何らかの動作をさせるなどです。

 

ネットワークカメラが優れているのは、操作性です。

パソコンのWEBブラウザや、スマートフォンからでも専用のアプリケーションソフトなどから簡単に遠隔操作ができます。

 

防犯や、留守中のペットが心配な場合は、ネットワークカメラの導入を検討してみるのも一つの方法ですね。

 

ペット専用のネットワークカメラ・ファーボの口コミを見る