おせちの予約とおせちを食べるワケ

今や、おせち料理は予約する時代です。
でも、おせちを予約をしてまで
食べる意義はあるのでしょうか?
ところで、
おせちを漢字でかくと、
「御節(おせち)」

これは

「お節供(せっく)」という
意味するところからきています。

季節の変わり目にあたって
祝いを行う日を、節日(せちにち)といい。
この節日と言うのは、中国が唐の時代に
一年を竹のように節で区切って特別な日を
「節」と呼んでいたのを習ったからだと言われています。
そして、その日、節日に、供御(くご=飲食物)を神様に奉るのが
節供と考えられていたようです。
この節日は、土地、土地によっては一定でないようですが、
それらの日は、人は仕事を休み,特別の食物を用意するのが特徴です。
この風習は,神々や祖先の霊を祀る(まつる)とき、
食物を供えて,それを人々も分け合って食べる。
このことによって,神霊と人との間に
目に見えない一体感を得ようとした気持ちがあったからのようです。
そして、おせちは、この「御節供」が
略されたものであると考えられています。
この節供は暦の上の風習を「節句(=節供)の日」とし、
そのうちの五つが公的な行事として
五節供として定められました。
五節供は季節の草木から
1.一月七日(人日/七草の節句)
2.三月三日(上巳/桃の節句)
3.五月五日(端午/菖蒲の節句)
4.七月七日(七夕/七夕祭り)
5.九月九日(重陽/菊の節句)
とされています。
さらに、この、五節供のほかに、稲作農業の重要な区切りごとに,
神々の来臨を仰ぐ神祭りの日もあります。
その代表の日が、盆と正月という節供である。
とくに、この中で、正月は、年越しや年初めの正式の食事を
御節料理 (おせちりょうり) といい。
新調したはきものをセチゾウリ。
正月用の米や薪などをセチゴメ、セチギというところもあり。
節供としての感覚がとても強いように思えます。
それゆえ、正月は、おせち料理で神霊と人と一体感を得て、
新しき良き年を送れるよう、願った気持ちが強かったようですね。
ところで、
近年、現代人は、12月は、なにかと忙しい人が多いようですから、
いまや、おせちは予約が当たり前になりつつあるようですね。
新年は、はじまりの年。
良き、一年を願うなら、神々や祖先の霊との
新年を祝う気持ちで迎えた方が、良さそうと思いませんか。
それなら、おせち料理が、ないよりは、
あった方がいいかと思いますねが・・・。