加齢とともに減少するメラトニンを補給するサプリメント

加齢により不足するメラトニンをサプリメントで補う方法があります。若いころはきちんと分泌されていたメラトニンも、年をとってホルモンバランスが乱れると分泌量が減り、生体リズムを構築しづらくします。体内で生成されづらくなったメラトニンを補うための方法として、サプリメントがあります。

脳にある松果体という部位から分泌されている成分であるメラトニンは、眠りと、目覚めの切り替わりに重要な役割を果たしているものです。年をとると起床時間が早くなるのは、体内時計のコントロールが十分にできていないからです。それまで眠っていた身体は、太陽光を受けて覚醒状態に移行し、眠りから覚めて活動ができるようになります。この時、睡眠ホルモンであるメラトニンは、体内時計からの信号で分泌が止まります。メラトニンが分泌されれば人間の体はだんだんと眠くなっていくものですが、これらは体内時計が正常であることが前提です。なかなか眠れない人は不眠症になっている可能性があります。メラトニンが足りないためによく眠れないと、実生活によくない影響が出てしまうことがあります。メラトニンは身体の睡眠を促進するだけでなく、抗酸化作用もあるので、活性酸素の増加を抑制し、疲労からの回復を促してくれます。老化を防ぐ働きや、病気にかかりにくい身体づくりにも、メラトニンは関与しているといいます。医療機関を受診するまでではないけれど、毎晩よく眠れなくて困っているなら、メラトニンサプリメントが役立ちます。
目の下のたるみをひっぱりあげるクリーム