血圧を下げるには?

食事療法は減塩、カロリーコントロール、たんぱく質の摂取

食事療法の中心は、減塩です。
食塩に含まれるナトリウム(Na)を、多く摂り続けると、血圧が上がることは疫学的にも認められています。
食塩を現在の半分以下に減らす必要があります。

カロリーの取りすぎも高血圧をきたしますが、その他に、肥満、糖尿病、高尿酸血症、脂質異常症の原因にもなります。
ただし、たんぱく質は、血管を構成するのに必要な栄養素ですから、不足しないよう良質のたんぱく質を摂りましょう。

ニコニコペースで運動療法

運動の種類としては、酸素を取り込みながら行う有酸素運動、例えばウォーキングや水泳、ランニングなどが適しています。
また、運動中「ややきつい」と感じるけれど、楽に会話ができるペース「ニコニコペース」を意識して運動してください。

降圧剤を服用する場合の注意

降圧剤を服用し始めると薬に頼り、食事療法や運動療法がおろそかになりがちです。
降圧剤を服用していても、生活習慣の改善は必要です。
血圧の状態や合併症によって処方される薬も異なりますので、医師の指示を守って服用してください。

http://www.theseociety.com/

アンチエイジング効果があるポリフェノールが豊富な青汁

青汁サプリの主役はモリンガ、ケールで、独自の苦みがありあまり使われなくなったのですが、栄養価は抜群で、その高さで緑黄色野菜の王と呼ばれていたりします。

そして今主流である大麦と比べて栄養価がかなりの差で味などは大麦のほうが癖がなくおいしいですが健康面ではモリンガやケールのほうがいいのです。

Read More

毎日の洗顔習慣でつるつる毛穴レス肌へ

みなさんどんな美容法をしていますか?お肌の悩みは人それぞれです。
その中でも毛穴に悩みを持つ方多いのではないかと思います。

そんなみなさんに私の普段から行っている毛穴レス美容法を紹介したいと思います。
まず、どんな洗顔料を使っていますか?毛穴対策には何といっても毛穴の汚れをしっかり綺麗に落とすことにあると思います。

Read More

男性ホルモンの量を増やしたい

小指刺激してみれば副交感神経刺激されて勃起しやすくなります。そして血液循環よくさせて生殖腺つよくして精力アップになるのです。

そして小指の鍛え方は両手の小指同士からませ引っ張るのみ。いつでもできてひまあればやってみてください。

Read More