基礎化粧品の選び方

基礎化粧品を選ぶとき、どんなことを基準に考えて選んでいますか?

ご存知のとおり、百貨店やドラッグストア、通販など、基礎化粧品の種類は限りなくあります。

価格、効果、ブランドなど、選ぶ基準も人によって違います。

おしゃれで素敵な容器に入った化粧品や、良い香りがする化粧品を選ぶという人も多いと思います。

しかし、基礎化粧品を選ぶためのもっとも大切なポイントは、含まれている成分です。

基礎化粧品に使われている成分はさまざまで、効果もいろいろありますが、自分にとってどんな成分が効果があるのかが大事です。

年齢や性別、肌質などによっても、基礎化粧品を選ぶ基準は違ってきます。

若いうちは何を使っても大丈夫だった肌でも、年齢を重ねた肌ではそうはいきません。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分や、発酵のチカラを利用したエイジングケア成分がおすすめです。

また、肌のコンディションは、季節や体調、ストレスなどでも影響されます。

年齢肌ではとくに生活環境の影響を受けやすいので、できるだけ刺激の少ない、無添加の化粧品を選ぶのも大切なポイントです。

有名な海外ブランドや、宣伝文句についつい乗せられてしまいがちになる化粧品選び。

しっかり見極めて、肌あった基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

 
無添加ファンケルの発酵化粧液ビューティブーケの口コミ

ネットワークカメラとは?

最近、防犯目的、別室の赤ちゃんの様子を見守る、留守中のペットを見守る、などの理由で、ネットワークカメラを利用する人が増えています。

ネットワークカメラとはいったい何なのでしょうか?

よく聞くWEBカメラとは違うのでしょうか?

 

ネットワークカメラは、ビデオカメラとコンピュータがひとつになった機器のことを指します。

カメラ自身にIPアドレスが内臓されているということが、たんなるビデオカメラとの違いです。

IPアドレスが内臓されているため、インターネットが利用できる環境にいるユーザは、離れた場所からでもカメラで撮影したペットのライブ映像を見たり、保存することができるのです。
それに対し、WEBカメラは単体では動作しません。

動かすためには、PCに接続する必要があるので、PCの近くにしか設置できません。

 

ネットワークカメラは、映像だけでなく、音声の入出力機能も備えています

例えば、監視中にペットになにか動きがあったことを検知したり、遠隔からペットに対して音声を発したり、カメラに何らかの動作をさせるなどです。

 

ネットワークカメラが優れているのは、操作性です。

パソコンのWEBブラウザや、スマートフォンからでも専用のアプリケーションソフトなどから簡単に遠隔操作ができます。

 

防犯や、留守中のペットが心配な場合は、ネットワークカメラの導入を検討してみるのも一つの方法ですね。

 

ペット専用のネットワークカメラ・ファーボの口コミを見る

エステをスキンケアのために

エステをスキンケアのために行かれる方もいらっしゃいますが、その効果は気になりますね。
専用クリームなどを使ったハンドマッサージや毛穴の汚れを取り去りしっとり・すべすべにしてくれます。
肌の新陳代謝も活発になるでしょう。

Read More

爽眠αの効果とは?不眠症にはサプリメントがおすすめ

不眠症気味で寝つきが悪く、短時間しか眠れない、、

こういった場合、あなたならどうしますか?
考え方は大きく二つあると思います。

一つは
●睡眠薬を飲んででも何が何でも寝る。
もう一つは、
●短時間しか眠れないなら、短時間の睡眠でも「良く寝た」と思えるような深い睡眠を目指す。

Read More

石鹸と同じ役目を体の中で果たすサポニン!

サポニンの名前の由来は泡(シャボン)で、水と混ぜると石鹸のように持続性のある泡をつくります。こういう化合物を総称してサポニンに呼んでいます。 イタリア語では石鹸はサッポーネというので、サポニンと似ていることからもサポニンが石鹸と似たようなものでありますが、サポニンは体に取り入れるところが手や体を洗う石鹸とは違います。

サポニンが免疫力をアップさせる理由は、マクロファージの貪食機能を高めて、リンパ球を活性化し、細胞性免疫や抗体生産を高めるからです。

簡単に言えば、マクロファージは他の免疫系の物質に異物が入ってきたということを教える存在です。マクロファージは貪食といって、異物を食べることで相手がどんなものかを判断します。その情報を連絡係の免疫細胞に伝えて、あとは総勢で異物をやっつけるのが免疫機能の働きです。

マクロファージの貪食機能が高まるということは、それだけ異物に対しての反応が素早く適切になるということです。そのため、サポニンサプリには免疫力を高める効果があるということです。
これはナチュラルキラー細胞が活性化されたという言われ方をすることが多いです。

他にも、サポニンにはインターロイキンやインターフェロンといった、サイトカインの生成を高める作用があるとも言われています。

サイトカインというのは、リンパ球や炎症細胞から分泌されるたんぱく質です。細胞の増殖や文化、アポトーシス(細胞死)などの情報を伝えて、免疫や炎症、傷の治癒などの生理機能を司っています。

サイトカインは低濃度で生理活性を示すたんぱく質で、白血球が分泌して免疫系の調整を行うインターロイキンや、ウィルスの増殖を抑制したり細胞の増殖抑制をするインターフェロンが有名です。

サポニンは免疫細胞からのサイトカインの生産を高めることができるので、細胞性免疫や抗体生産を活性化して免疫力を底上げしてくれるというわけです。

サポニンはいくつか種類がありますが、代表的なのは大豆と高麗人参に含まれるものです。サポニンは昔から生薬として使われることが多く、今でも効果や効能についての研究が行われています。
サポニンの摂取の際に注意したいのは、植物によって安全性が異なるところです。

大豆や高麗人参に含まれているものは安全です。大豆なら100mg/日摂取しても大丈夫です。しかし、生薬に使われている桔梗や柴胡(さいこ)に含まれるサポニンは摂取しすぎると赤血球の膜を溶かしてしまうことがあります。場合によっては吐血することもあるので、注意が必要です。

それに手軽なところではごぼう茶もサポニンが多く含まれているので、ごぼう茶からサポニンを
摂ることも至って簡単です。 ドラッグストアーで購入出来ます。 有名なのは南雲先生がパッケージ
に印刷されているごぼう茶があります。 この南雲先生は60歳を超えているのですが、40代前半にしか
見えません。

サポニンが免疫力を高めてくれる理由は、ナチュラルキラー細胞を活性化させて、ウィルスや細胞といった異物への抵抗性を高めてくれるからです。

http://burdockroot.baulmedia.com/